胃癌は、粘膜内の分泌細胞や分泌物を胃の中に導く導管の細胞から発生する。初めは30μmから60μmで、年単位の時間がかかって5mm程度の大きさになる頃から発見可能になる。胃癌は進行するに従い、胃壁中に入り込み、胃全体を包む漿膜の外に出て、近くにある大腸、肝臓、膵臓などに浸潤する。細胞の分類としては、組織型のほとんどが腺癌であり、分化度については分化型と未分化型に大分される。この組織型と分化度によって治療方針が決定されることになる。特殊な胃癌として、胃壁の中を広がるように浸潤するスキルス胃癌がある。胃の粘膜面へ癌が突出することが少ないため、胃X線検査や内視鏡検査でも診断が難しい。従って、進行した状態で発見されることが多く、治療が困難な胃癌とされている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)