国内では農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、大学、バイオ企業が遺伝子組換え作物の栽培、遺伝子組換えカイコの飼育を行っており、試験栽培・飼育の多くは茨城県つくば市周辺に集中している(表1)。各地元説明会などは、地元住民との円満な関係の下に進められている。今年度の特記事項は、日本発のトマト、コチョウランの試験栽培が新しく加わったことである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)