経済産業省の「バイオベンチャーと投資家の対話促進研究会」(座長は伊藤邦雄・一橋大学大学院商学研究科特任教授)は2018年4月27日、報告書「伊藤レポート2.0『バイオメディカル産業版』」を公表した。報告書は、主に機関投資家による創薬型ベンチャーのビジネスモデルへの理解が進むことを狙った「第1部:創薬型ベンチャーと投資家の価値協創ガイダンス」と、新興株式市場の上場制度の見直しや、機関投資家などが新興市場の上場企業に投資を促す仕組みづくりなどを提言した「第2部:新興市場の現状と課題」の2部で構成されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)