細胞医薬は、細胞の由来や加工の程度にかかわらず、細胞そのものを投与して治療効果が発揮される医薬品を指し、培養表皮や培養軟骨、培養心筋シートといった構造化あるいは積層化された再生医療製品と並んで再生医療の一種と位置付けられている(遺伝子組換え細胞を用いた細胞医薬は「遺伝子治療」、培養表皮や培養軟骨などは「再生医療」の項目を参照)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)