日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

免疫抑制薬

(2017.12.20 00:00)

 免疫抑制薬の国内・世界市場の大部分を握ってきたのが、アステラス製薬とスイスNovartis社である。旧藤沢薬品工業の製品で、現在はアステラス製薬から販売されている免疫抑制薬のタクロリムス水和物の米国での物質特許は08年4月に満了したため、後発品が発売となっている。プログラフおよびその徐放製剤の全世界の売上高推移を見ると、特許満了前の07年度は前年度比16%増の2030億円であったが、満了した年の08年度はほぼ横ばいの2010億円、09年度には1867億円、2010年度は1626億円、2011年度は1548億円と減少し続けた。しかし、2012年度は円安となった為替の影響のため同4.4%増の1617億円、2013年度は同12%増で1812億円、2014年度は同7.5%増で1947億円、2015年度は同4.5%増の2036億円と4年連続の増収となった。しかし、2016年は同8.5%減の1862億円と大きな減収となった。2016年度の地域別売り上げを見ると、日本は1.9%減の488億円。米州はドルベースで12.6%減の2億5200万ドルの2桁の減収で、アジア・オセアニアも2.9%減の373億円となった。一方の欧州はユーロベースで0.5%増の6億1200万ユーロとほぼ前年並みだった。輸出は前年度から2億円減少して26億円となった。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧