日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

パーキンソン病治療薬

(2017.12.20 00:00)

 パーキンソン病(Parkinson’s Disease)は、アルツハイマー型認知症と並ぶ代表的な中枢神経変性疾患である。若年性パーキンソン症候群を除いて、一般的には中年以降に発症し、ゆっくりと進行する。厚生労働省が2015年12月に公表した「平成26年患者調査」では、国内の患者数は、男性6万2000人、女性10万1000人の合計16万3000人。08年調査の13万9000人から2万4000人増加した。さらに1987年の調査では7万6000人であったから28年間で患者は倍増以上の数となった。アルツハイマー型認知症と同じく、加齢と発症率には高い相関があり、2014年の国内統計でも65歳以上の患者数が13万8000人と全体の85%を占めている。最近では、細胞が細胞外の物質を取り込む過程の1つであるエンドサイトーシスやリソソームの機能と関連する遺伝子と、パーキンソン病の発病との関係の報告がなされている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧