2017年11月現在、国内で販売されているバイオシミラー(バイオ後続品)は、低身長症治療に用いるソマトロピン、腎性貧血治療に用いるエリスロポエチン、好中球減少症治療に用いるフィルグラスチム、関節リウマチの治療に用いるインフリキシマブ、糖尿病治療に用いるインスリン――の5品目。09年にスイスNovartis社傘下のドイツSandoz社の日本法人、サンドからソマトロピン「サンド」が発売され、その後、他のバイオシミラーも発売が相次いでいる。2015年頃より、相次いで大型のバイオ医薬品の特許が切れたことも大きい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)