日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

前立腺癌治療薬

(2017.12.20 00:00)

 前立腺は男性にだけある臓器で、精液の一部を作っている。骨盤を形成する骨の1つである恥骨の裏側に位置し、栗の実のような形をしている。前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することによって発生する癌が、前立腺癌である。前立腺癌は周囲の正常組織や器官を破壊して増殖し、他の臓器に広がり、腫瘤を形成する。前立腺癌は、リンパ節と骨に転移しやすいという特徴を持っている。なぜ、正常細胞が癌化するのかは十分に解明されていない。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧