世界保健機関(WHO)が運営している2012GLOBOCANプロジェクトのデータベース(http://globocan.iarc.fr/)によると、2012年に全世界で182万4700人が肺癌に罹患し、158万9800人(男性109万8600人、女性49万1200人)が死亡した。肺癌は臓器別死亡者数では最も多く、癌の総死亡者数の19.7%を占める。男女別に見ると、男性では総死亡者数の23.6%となり最多、女性では13.8%を占め、乳癌、大腸癌に次いで多い癌となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)