日経バイオ年鑑2018【注目領域の将来展望】

再生医療のロードマップ

(2017.12.20 00:00)

 再生医療は、正常な細胞や組織を利用し、疾患によって機能を失った臓器や組織の治療で実施される新しい医療行為を指す。再生医療の研究対象となっているのは、眼疾患や心疾患、眼領域、関節領域、脳梗塞などの神経疾患と多岐にわたる。既存薬で有効性が低い疾患を対象としていることも少なくなく、再生医療等製品として承認を取得できれば、市場の拡大が見込めると考えられる。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧