日経バイオ年鑑2018【注目領域の将来展望】

ゲノム医療のロードマップ

(2017.12.20 00:00)

 日本においてゲノム医療は、これまでがんや難病の診断目的で限られた遺伝子を解析するなど、一部のがんや遺伝性の難病でしか実用化されていなかった。最近になって研究開発の本格化に合わせ、基盤整備が急速に進みつつある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧