日本人にとって癌は身近な病気になってきた。国立がん研究センターの統計(2017年)では癌の生涯罹患率は男性で63%、女性で47%と算定されている。国民の2人に1人は生涯のどこかの段階で癌と診断される計算になる。いかに癌に罹患しないかが重要というように論じたいところだが、2人に1人のリスクを回避することは容易ではない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)