日経バイオ年鑑2018【特別リポート】

遺伝子組換え作物・食品を巡る国内の動き2017

(2017.12.20 00:00)

 2017年に国内での遺伝子組換え作物の試験栽培は、筑波大学と東北大学の2大学、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、企業では日本モンサント、バイエルクロップサイエンスの2社で行われた。さらに、新しい育種技術(NBT)を応用した2つの作物の圃場栽培が始まった(後述)。新しい遺伝子組換え植物としては、筑波大学で2016年10月からシクラメンについて、カルタヘナ法に基づく第一種使用規定に従った栽培試験が行われた。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧