日経バイオ年鑑2018【特別リポート】

遺伝子組換え作物・食品を巡る世界各地の動き2017

(2017.12.20 00:00)

 2017年5月4日、国際アグリバイオ事業団(ISAAA)は、2016年の世界の遺伝子組換え(GM)農作物商業栽培面積を1億8510万ha(ヘクタール)と発表した。これは、1996年の導入以来20年で初のマイナス成長に転じた2015年の1億7970万haからリバウンドして、前年比3ポイント、540万haの増加に当たる。

GM農作物の商業栽培国数は、ブルキナファソとルーマニアが抜けた結果26カ国。うち19カ国の発展途上国では9960万ha(54%)が栽培され、先進7カ国は8550万ha(46%)であった。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧