日経バイオ年鑑2018【特別リポート】

ゲノム医療を支えるバイオインフォマティクス

(2017.12.20 00:00)

 かつて、バイオ系と分子設計分野とで、研究資源の共有化は意識されてこなかった。しかし現在では、ゲノム研究の成果はいたるところで関連している。設計した化合物の試験にゲノムレベルでの発現情報を応用し、標的の蛋白がうまくアップレギュレートされているか、ダウンレギュレートされているかの試験を行う。この時、従来のマイクロアレイ法と違うのは、全てのゲノム、もしくはエクソンでの発現状況が分かることである。オン・ターゲットとオフ・ターゲットが次世代シーケンサーからの実験からも把握できるようになってくるのである。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧