日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

関節リウマチ治療薬(生物学的製剤)

(2017.12.20 00:00)

 関節リウマチは、ほんの十数年前には「死なない病気」といわれ、「関節破壊はゆっくりと進行して、重い関節機能障害は発症10年を過ぎてから表れる」とされてきた。それを反映して治療法も作用の弱い非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)から徐々に作用の強い薬に変更していく「スミスのピラミッド治療方式」が主流であった。しかし、多くの知見の積み重ねによって、関節リウマチ患者の平均死亡年齢が一般の人より約10年短いことや、関節破壊も発病初期から始まっていることが分かってきた。この状況に鑑み米リウマチ協会では2002年、関節リウマチと診断された場合には抗リウマチ薬による根本療法を3カ月以内には開始することを「Guidelines for the Management of Rheumatoid Arthritis 2002 Update」で提唱した。その後、このガイドラインは世界的にも認められることになった。発症早期から強力な薬を使い、必要なら複数の薬を併用する、効果が出てきたら薬の量を減らす、あるいは効果の弱い薬に変えていく、という現在の治療に変わってきたのである。もちろん、この治療法が効果的に実施できるようになったのは、抗体を代表とする生物学的製剤の存在がある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧