日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

抗ウイルス薬(肝炎ウイルス感染症治療薬)

(2017.12.20 00:00)

 世界保健機関(WHO)は、世界人口の3%、およそ1億8000万人がC型肝炎ウイルス(HCV)に感染していると報告している。日本のHCV感染者数は200万人と推定されている。日本では、第二次世界大戦が終わった混乱の時代に、売血の輸血や不適切な医療行為によってHCV感染が広まったとされている。しかし、その後、国内の医療水準が高くなったことに加え、1964年には輸血用血液を献血で賄うことを決定、89年からは献血に対してC型肝炎ウイルス抗体、99年には核酸増幅検査によるスクリーニングが開始された。このスクリーニングの導入によって輸血からの感染はほぼ無くなったとされる。このような歴史的背景から、HCV感染者の分布は年とともに右肩上がりを示す結果となっている。ただし、適切な消毒をしていない器具を用いた医療行為、針刺し事故、経静脈的薬物乱用、入れ墨などからの感染報告が現在でも後を絶たない。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧