アルブミンの臨床使用は1941年から始まり、低容量性ショックや高度の浮腫を来した患者に対する有効性と安全性から、世界で広く使われてきた。アルブミン製剤は国内での免疫グロブリン製剤の需要の範囲で製造されることから自給率は低く、また、過去に日本では蛋白質源として栄養補給目的で使用されたことから、その使用量は世界生産量の3分の1にも達し、国際問題にもなっていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)