日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

アルブミン/血漿分画製剤/代替血液関連技術

(2017.12.20 00:00)

 アルブミンの臨床使用は1941年から始まり、低容量性ショックや高度の浮腫を来した患者に対する有効性と安全性から、世界で広く使われてきた。アルブミン製剤は国内での免疫グロブリン製剤の需要の範囲で製造されることから自給率は低く、また、過去に日本では蛋白質源として栄養補給目的で使用されたことから、その使用量は世界生産量の3分の1にも達し、国際問題にもなっていた。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧