日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

生殖関連医薬

(2017.12.20 00:00)

 晩婚化に伴い、体外受精の実施数や出生児数は増え続けている。2017年9月の日本産科婦人科学会の発表によると、2015年に国内で行われた体外受精の数は42万4151人、出生児も5万1001人と、前年に引き続き過去最高を更新した。出生児が5万人を超えたのは初めて。20人に1人は体外受精で生まれた計算となる。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧