日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

高血圧治療薬・肺高血圧症治療薬

(2017.12.20 00:00)

 高血圧症は、血圧が正常範囲(収縮期血圧:130mmHg未満、拡張期血圧:85mmHg未満)を超えて、高く維持されている状態である。虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となるが、高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いために「サイレントキラー」とも言われる。また、肥満症、高脂血症、糖尿病との合併は「死の四重奏」とも表現されている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧