次世代シーケンサー(NGS)による解析やソフトウエアによる解析を組み合わせることで、遺伝子・分子診断はより複雑かつ高度なものになりつつある。高い測定費用を誰が負担するかなど議論が活発化している。2016年4月、厚生労働省はNGSを医療機器として承認するための通知を発出。臨床での実用化に向けた規制が少しずつ整いつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)