日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

診断用の細胞・蛋白質・代謝物・核酸解析装置・試薬・サービス

(2017.12.20 00:00)

 次世代シーケンサー(NGS)による解析やソフトウエアによる解析を組み合わせることで、遺伝子・分子診断はより複雑かつ高度なものになりつつある。高い測定費用を誰が負担するかなど議論が活発化している。2016年4月、厚生労働省はNGSを医療機器として承認するための通知を発出。臨床での実用化に向けた規制が少しずつ整いつつある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧