日経バイオ年鑑2018【医薬・診断・医療機器】

ヒアルロン酸

(2017.12.20 00:00)

 ヒアルロン酸はグルコサミングルカン(ムコ多糖)の1種。関節、硝子体、皮膚、脳の細胞外マトリックスを構成する生体成分で、かつてニワトリの鶏冠(とさか)などから抽出され生産されていたものの、近年では乳酸菌や連鎖球菌による発酵法での製造も増えており、医薬品、健康食品、化粧品の素材など、多様な用途開発が進んだ。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧