バイオプラスチックとは、原料として植物などの再生可能な有機資源(バイオマス)を利用したプラスチックを指す。これに対して生分解性プラチックは、プラスチックの特性を備えていながらも自然界で微生物の働きなどで最終的に二酸化炭素と水とに分解する性質を持つプラスチックを指す。日本バイオプラスチック協会はバイオプラスチック製品であることを示す「バイオマスプラマーク」を定め、表示に必要な一定の基準を定めた「バイオマスプラ識別表示制度」を2007年から運用している。本来、バイオプラスチックと生分解性プラスチックは異なった概念だが、この項ではまとめて論じる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)