日経バイオ年鑑2018【食品・農業・畜産・水産】

機能性ペプチド

(2017.12.20 00:00)

 機能性ペプチドの開発・事業化は2017年も活発だった。血圧を下げるACE阻害ペプチドのトクホ(特定保健用食品)の中で、最も商品化が広がっているのは仙味エキスのサーデンペプチド。このペプチドを関与成分とするトクホは現在60品目(最終更新は2017年10月10日)。このうち2016年9月27日時点での「販売中」は17品目だ。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧