日経バイオ年鑑2018【食品・農業・畜産・水産】

大豆食品

(2017.12.20 00:00)

ダイズの種子(大豆)の調達コストが上昇し、豆腐や納豆など日本で常食されている大豆食品の原料コストは高い状態が続いている。大豆の国際価格は以前は1t300ドル未満だったが、2008年に乱高下した後で高止まりし2010年末から再び高騰した。2017年は1t400ドル前後で推移している。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧