日経バイオ年鑑2018【食品・農業・畜産・水産】

βグルカン

(2017.12.20 00:00)

 ブナシメジ、エリンギ、マイタケなどの栽培大手であるホクトは、2018年3月期の売上高658億円(前年同期比4.2%増)、営業利益22億5000万円(同34.3%減)と予想している。旧富山きのこセンター近隣に52億円で建設したセンターが2016年9月上旬からブナシメジの収穫・出荷を開始した。研究部門では品質管理体制の強化と付加価値の高い新製品の開発に取り組んでおり、10億円かけた長野市のシイタケ栽培技術研究施設は2015年7月に完成してシイタケの量産化研究に注力している。2017年5月には、きのこ原料由来のサプリメントを製造販売し特許も有している米Mushroom Wisdom社とサン・メディカ(東京・港)の株式を100%取得すると発表した。ホクトは、日本唯一の「きのこ総合企業」として自社の発展に寄与すると判断した。同社は1983年に設立したきのこ総合研究所でキノコの機能性を実証する研究成果を蓄積し、ライフサイエンスへの貢献を目指している。エリンギの肝障害予防効果やブナピーの動脈硬化抑制作用、マイタケの抗アレルギー作用など多くの生理活性機能を確認し、またアガリクスによる癌抑制作用を見いだしてきた。この買収が健康増進への寄与にシナジー効果を生むとしている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧