日経バイオ年鑑2018【食品・農業・畜産・水産】

花/樹木

(2017.12.20 00:00)

 サントリーホールディングスが100%出資しているサントリーフラワーズは、青いカーネーションと青いバラを事業化している。遺伝子組換え植物が日本国内で栽培されているのは青いバラが唯一だ。青いカーネーションは中南米産品を輸入している。1997年に販売を開始した青いカーネーション「ムーンダスト」は2016年の販売実績が170万本で、2017年も170万本の販売を見込んでいる。2013年6月にはムーンダストのスプレータイプを発売し、深みのある濃い青紫色の“サファイア”と淡いつややかな色合いの“アクアマリン”を品揃えした。一方、09年に販売開始の青いバラ「サントリー ブルーローズ(blue rose) アプローズ(APPLAUSE)」は2016年に2万5000本を販売し、2017年も2万5000本の販売を見込んでいる。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧