次世代シーケンサー(NGS)の登場で遺伝子の網羅的解析が安価にできるようになったことで、シーケンス結果を解析し、ドライバー変異やそれに対する薬剤の情報を導き出すためのインフラが整ってきた。これを受け、近年、癌領域の新たな個別化医療として、癌細胞の遺伝子を網羅的に解析するクリニカルシーケンスが注目を集めている。分子標的薬は特定の癌種に対して開発されるが、クリニカルシーケンスを行うことで、まれなドライバー変異を有する原発不明癌や希少癌、治療法のない進行再発癌の患者にも治療を提供できる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)