日経バイオ年鑑2018【バイオサービス・装置・システム】

研究用の細胞・蛋白質・代謝物・核酸解析装置・試薬・サービス

(2017.12.20 00:00)

1985年の発明以来、PCR装置が世界中の研究現場に普及し、さらにこの10年間で定量的(リアルタイム)PCR装置が基本的な研究インフラとなった。そして第3世代となるデジタルPCR装置の急速な普及が始まっている。デジタルPCRにより反応溶液中の核酸1分子検出が実現し、そのコピー数の絶対定量による超高精度の定量が可能となった。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2018
解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧