薬物の探索研究において、臨床試験に進める候補化合物を絞り込むため、モデル動物やヒト肝細胞を用いて薬物動態・安全性を調べる試験は必須のものだ。一方で、動物愛護の観点から、動物を活用した試験について、消極的な意見も増えている。そのため、企業や研究機関では、既存の薬物動態・毒性試験に加えて、コンピューターによる予測や、ヒト幹細胞を用いた試験、イメージング機器を活用する研究など、より精度の高い手法の開発が進んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)