細胞への遺伝子導入の手法には、主に3種類がある。1つ目は、エレクトロポレーター(電気パルスを利用した遺伝子導入装置)やソノポレーター(超音波遺伝子導入装置)などの装置、2つ目は、レトロネクチン法などの遺伝子導入(トランスフェクション)試薬、3つ目は、レトロウイルスやアデノウイルスなどウイルスベクターを用いる方法だ。研究者は価格(コスト)、遺伝子導入できる細胞の種類、遺伝子導入効率、導入後の生存率、再現性などに加え、in vitroやin vivo、子宮内(in utero)、胚内(in ovo)、ex vivoなどにどこまで使用できるかで、研究内容にあった手法を選択している。ここでは、そのうち研究用途の利用が市場の大半を占める遺伝子導入装置と遺伝子導入試薬について取り上げる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)