2016年度の日本市場における医療用医薬品売り上げについて調査した。対象は、製薬企業各社の2016年度の期末(2016年11月期、同12月期、2017年3月期決算企業を含む)において、売上高が年間200億円以上の品目。200億円以上の売り上げを示した品目は88で、前年から3品目が減った。2016年度に200億円超の製品群の仲間入りをしたものが9品目あった。一方、200億円超の製品群から脱落したのは12品目だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)