本レポートにおいては、欧米企業は12月、日本企業は12月と3月、インド企業は6月を決算月としている企業が多いために、本調査の対象期間が一致していないことに注意されたい。また、業績がドル以外で開示されている場合は、その通貨を基軸通貨であるドル(年平均為替レート)に換算して比較しているためにどうしても為替の影響を受けてしまう。例えば、円建てで数値を公表している日本企業はドルに対して円安になれば、ドル換算するとマイナスに動くということになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)