日経バイオ年鑑2017【バイオサービス・装置・システム】

蛋白質/ペプチド/核酸の受託生産

(2016.12.16 00:00)

 蛋白製剤や抗体の製造受託市場は世界で40億ドル程度と推測される。バイオ医薬品の製造受託機関(CMO)はスイスLonza社やドイツBoehringer Ingelheim社、ドイツSandz社、オランダRoyal DSM社などの欧州企業が伝統的に強かったが、近く韓国企業がトップに躍り出ることになりそうだ。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧