日経バイオ年鑑2017【バイオサービス・装置・システム】

研究用の細胞・蛋白質・代謝物・核酸解析装置・試薬・サービス

(2016.12.16 00:00)

 1985年の発明以来、PCR装置が世界中の研究現場に普及し、さらにこの10年間で定量的(リアルタイム)PCR装置が基本的な研究インフラとなった。そして第3世代となるデジタルPCR装置の急速な普及が始まっている。デジタルPCRは、遺伝子のコピー数の絶対定量が可能であるため高精度の定量ができる他、遺伝子変異やウイルス、マイクロRNA、メチル化DNAなどの核酸の超高感度検出と反応液容量当たりのコピー数をカウントする応用技術である。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧