日経バイオ年鑑2017【バイオサービス・装置・システム】

バイオサービス・装置・システム概論

(2016.12.16 00:00)

 次世代シーケンサー(NGS)の登場で遺伝子の網羅的解析が安価にできるようになったことや、シーケンス結果を解析し、ドライバー変異やそれに対する薬剤の情報を導き出すためのインフラが整ってきた。これを受け、近年、癌領域の新たな個別化医療として、癌細胞の遺伝子を網羅的に解析するクリニカルシーケンスが注目を集めている。分子標的薬は特定の癌種に対して開発されるが、クリニカルシーケンスを行うことで、まれなドライバー変異を有する原発不明癌や希少癌、治療法のない進行再発癌の患者にも治療を提供できる可能性がある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧