世界の動物用医薬品市場は約211億ドル(2010年、アームズ推計)であり、日本ではその2.5%に相当する約894億円から1000億円前後と推定される。日本における動物用医薬品の内訳はアームズによると、小動物(イヌ・ネコ)が37.7%で最も多く、ウシ(22.7%)、ブタ(17.3%)、ニワトリ(16.5%)、ウマやヒツジなど(5.8%)となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)