日経バイオ年鑑2017【食品・農業・畜産・水産】

動物用医薬品

(2016.12.16 00:00)

 世界の動物用医薬品市場は約211億ドル(2010年、アームズ推計)であり、日本ではその2.5%に相当する約894億円から1000億円前後と推定される。日本における動物用医薬品の内訳はアームズによると、小動物(イヌ・ネコ)が37.7%で最も多く、ウシ(22.7%)、ブタ(17.3%)、ニワトリ(16.5%)、ウマやヒツジなど(5.8%)となる。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧