日経バイオ年鑑2017【食品・農業・畜産・水産】

分子農業

(2016.12.16 00:00)

 分子農業という言葉の定義にもよるが、農畜産業で扱っている動植物の遺伝子を組み換えて有用物質を生産することとすれば、アレクシオンファーマが日本で2016年5月に発売したライソゾーム酸性リパーゼ(LAL)欠損症治療薬の「カヌマ点滴静注液」(セベリパーゼアルファ(遺伝子組換え))は分子農業の成果だ。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧