分子農業という言葉の定義にもよるが、農畜産業で扱っている動植物の遺伝子を組み換えて有用物質を生産することとすれば、アレクシオンファーマが日本で2016年5月に発売したライソゾーム酸性リパーゼ(LAL)欠損症治療薬の「カヌマ点滴静注液」(セベリパーゼアルファ(遺伝子組換え))は分子農業の成果だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)