日経バイオ年鑑2017【食品・農業・畜産・水産】

藻類

(2016.12.16 00:00)

 微細藻類を用いた商品の代表であるクロレラは、日本だけで年数百億円規模の安定した市場を形成している。クロレラに比べ、摂取したときに体内で消化吸収されやすいという特徴を持つスピルリナの事業化も目立っている。この他、抗酸化色素成分の代表といえるアスタキサンチンを生産するヘマトコッカス、ドナリエラ、ユーグレナ(ミドリムシ)などが事業化されている。クロレラやスピルリナ、ミドリムシなどを含む青汁などの商品群は「グリーンチャージ」というカテゴリーで呼ばれ、日本市場は700億円を超えていると推定されている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧