日経バイオ年鑑2017【食品・農業・畜産・水産】

プレバイオティクス

(2016.12.16 00:00)

 プレバイオティクスとしてのオリゴ糖とは、単糖が3個から10個ほどつながった難消化性の糖類で、ビフィズス菌などの善玉菌を選択的に増殖させる効果のある機能性食品素材をいう。難消化性オリゴ糖の主なものとしては、明治のフラクトオリゴ糖、ヤクルト薬品工業や日新製糖が手掛けるガラクトオリゴ糖(GOS)、塩水港精糖と林原が手掛ける乳果オリゴ糖、サントリーのキシロオリゴ糖、味の素ゼネラルフーヅ(AGF)のコーヒー豆マンノオリゴ糖(MOS)、森永乳業のラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、日本甜菜精糖のラフィノース(ビートオリゴ糖)、タカラバイオの寒天オリゴ糖、日本製紙のセロビオースなどがある。それぞれ原料となる素材や製法、単価、耐熱性、耐酸性の性質などに違いがある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧