日経バイオ年鑑2017【食品・農業・畜産・水産】

βグルカン

(2016.12.16 00:00)

 βグルカンは、キノコの機能性成分として注目されてきた。ブナシメジ、エリンギ、マイタケなどの栽培大手であるホクトは、2017年3月期の売上高644億円(前年同期比5.6%増)、営業利益31億1000万円(同9.3%減)と予想している。旧富山きのこセンター近隣に52億円で建設したセンターが2016年9月上旬からブナシメジの収穫・出荷を開始した。研究部門では品質管理体制の強化と付加価値の高い新製品の開発に取り組んでおり、10億円かけた長野市のシイタケ栽培技術研究施設は2015年7月に完成してシイタケの量産化研究に注力している。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧