日経バイオ年鑑2017【化成品・環境】

アミノ酸

(2016.12.16 00:00)

 アミノ酸の市場規模は、1909年にうま味調味料「味の素」を発売した味の素が推定値を発表している。同社は56年に輸液や経腸栄養、医薬品原料向け結晶アミノ酸の生産を開始、そして65年に飼料用アミノ酸事業に乗り出してトップメーカーとして国際的な生産・供給体制を構築した。2016年10月に同社が公表したファクトシート「ヘルスケア事業」によると、医薬用を中心とする高品質アミノ酸の世界市場は年間約3万t以上と推定されている。味の素グループのシェアは約40%以上でNo.1の地位を確保している。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧