日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

診断用の細胞・蛋白質・代謝物・核酸解析装置・試薬・サービス

(2016.12.16 00:00)

 遺伝子検査は、感染症のPOCT領域で複数の遺伝子を解析する検査と、遺伝性疾患などの診断のため次世代シーケンサー(NGS)で全エクソンなどを解析する検査の二極化が進んでいる。2016年4月、厚生労働省はNGSを医療機器として承認するための通知を発出。臨床での実用化に向けた規制が整いつつある。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。