遺伝子検査は、感染症のPOCT領域で複数の遺伝子を解析する検査と、遺伝性疾患などの診断のため次世代シーケンサー(NGS)で全エクソンなどを解析する検査の二極化が進んでいる。2016年4月、厚生労働省はNGSを医療機器として承認するための通知を発出。臨床での実用化に向けた規制が整いつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)