炎症性腸疾患の患者数は世界で500万人、増加する国内患者数は22万人を超えると推定されている。抗体医薬と低分子化合物の開発が進むことで、投与経路を含む選択肢の増加が予想される。新しい治療法として注目されている腸内細菌叢の有用性が検証されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)