国内の推定患者数は2200万人、虚血性心疾患と脳血管障害は癌と並び死亡原因の主原因である。新しい作用機序の薬剤として、注射薬では2つの抗PCSK9抗体が欧米で承認された。経口薬としてはCETP阻害薬のアナセトラピブのフェーズIIIが終了した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)