高血圧症は、最も患者数の多い生活習慣病である。国内の患者数は4300万人と推定されている。患者数を反映して大きな市場が形成されている。レニン-アンジオテンシン-アルドステロン(RAA)系の鉱質コルチコイド受容体拮抗薬では次世代の候補品が開発の最終段階に入った。肺高血圧症に対して新しい作用機序の薬剤が承認となるなど進展が見られた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)