過活動膀胱は比較的新しい疾患概念である。国内の患者数は810万人と推定される。ムスカリン受容体拮抗薬では、次世代の薬剤に加え、新剤形も登場、混戦となることが予想される。アステラス製薬は、ファーストインクラスとなる自社創製品のアドレナリンβ3受容体作動薬の承認を3極で獲得した。この承認によって、アステラス製薬は作用機序の異なる2つの過活動膀胱治療薬をグローバルで販売する唯一の企業となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)