晩婚化に伴い、体外受精の実施数や出生児数は増え続けている。それを受けて、国の助成制度などの整備も進み、製薬各社も生殖医療製品の拡充を進めている。また、iPS細胞や遺伝子編集などの新たな技術の導入も始まった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)