日本におけるアルブミン製剤自給率向上の鍵を握るとみられていた遺伝子組換えアルブミン製剤「メドウェイ」は販売中止の状況が続く。一方で血液製剤では、化血研による医薬品医療機器等法違反が発覚し、長期間業務停止処分を受けた。血液製剤産業では再編による遺伝子組換え製剤などの研究開発力強化の必要性が指摘されている。iPS細胞から血小板を作製する技術の商業化も進められている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)