日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

アルブミン/血漿分画製剤/代替血液関連技術

(2016.12.16 00:00)

 日本におけるアルブミン製剤自給率向上の鍵を握るとみられていた遺伝子組換えアルブミン製剤「メドウェイ」は販売中止の状況が続く。一方で血液製剤では、化血研による医薬品医療機器等法違反が発覚し、長期間業務停止処分を受けた。血液製剤産業では再編による遺伝子組換え製剤などの研究開発力強化の必要性が指摘されている。iPS細胞から血小板を作製する技術の商業化も進められている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧