血栓が関与する脳心血管障害による2013年の国内死亡者数は31万人超、癌に次いで多かった。抗血小板薬ではトップ製品の特許期間が満了し、市場は縮小を続けている。一方、抗凝固薬については、ワルファリンカリウム市場に新しいトロンビン阻害薬と第Xa因子阻害薬が参入し、早くもブロックバスターの仲間入りを果たした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)